線猫日記

音楽鑑賞と日常と感情

shepherd (demo album)

はもう存在しない。

 

上京する前からCDも聴いていて好きだったので、いつかライブハウスに行って聴いてみたいと思っていたバンドだった。

 

東京に来た頃は新作のアルバムリリースが決定しており、アー写も新しいものにしていたばかりだった。しかし、その新しいアルバムがついに出ることはなかった。

 

ボーカルの方が急性心不全により亡くなってしまったからだ。

 

CDも何枚もリリースし、知名度も増えてきてこれからだというときだった。

 

今でも生きていたらどんな活動をして、どんな音源を残していたのかな、と考えてしまう。

 

存在していたものが消えないように、忘れられないように、シェパードが活動していたときにリリースした音源を少しずつ書いて残していければなと思う。

 

デモアルバムの方から紹介する。他のアルバムは別の機会に。

 

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210417212047j:image

 『atelier and pale distance.』

~収録曲~

atelier

stainless

(di)stance

モノワカリ

Isolation task

夢のあと

 

1st mini album (demo)。全体的に淡泊で型に当てはまらない独特な構成である。この時は声のトーンがわずかに違う気がする。明るさはなく雰囲気は、まさにジャケットの絵のようなイメージを感じる。バンドらしさをあまり感じない。ディスクユニオンの紹介ページから抜粋だが、『ジャケットのブルーから連想される淡く繊細な世界観を見事に表現。美しいアンサンブルと情緒的歌詞、染み透る歌声で独自の世界を魅せてくれます。』……流石としかいいようがないくらい簡潔にまとめてくれている。これくらいのキャッチコピーを書けるようになりたい。

最初の曲のアトリエはバランスのとれたテンポが程よい代表曲。1曲目らしい演奏だなと感じるが、歌詞は難しく明るくはない。雰囲気でなんとなく感じられるくらいが丁度いいのかもしれない。2曲目はステンレス。寂しく奏でるギターに伸びるように歌いあげる。狂おしい詞に少しずつ壊れていくような世界観がなんともいえない。「(di)stance」はinstrumental、4曲目の前奏のようなギターのみのインスト。アルバム全体の雰囲気を寂れた音で表現しているよう。「モノワカリ」穏やかに淡々と曲が流れる。幼い昔の記憶のようで、幻想で、もう正解が分からない、でもそれがいい。この中でも5曲目がバンドっぽい。かき鳴らすギターにベースの主張が強く、透き通る声が響く。何度も歌う「思い出して」の言葉がクセになる。はじまりの音も短いが印象的。「夢のあと」は最後の曲らしくバラードのような曲。自分の中のもう片方を、君を、歌っている。現実から乖離しているような、、、分からないけど。

 

 

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210417212051j:image

 『nude.』

~収録曲~

primrose

virgin in clinic

ヒロイン

camouflage

再生回数

Roller coaster

 

2nd mini album (demo)。デモと表記されてはいるが全然完成度が高い。このうち3曲は録り直して別のアルバムにも収録されている。この音源のすごいところは『nude.』はすべての曲が好きになってしまうのである。テーマに沿ってアルバムが全体的に統一されているようなつくりで、歌詞の1つ1つの表現の組み合わせが絶妙で聴きながら想像させる魅力がある。前作よりも甘く歌い上げるような声が際限なく響く。同じくディスクユニオンから抜粋。『「不感症の君も抱き締めよう」 「新しい髪形はどう?」―唯一無二の女性観を内包した、冷たくも暖かな、淡い夢にも似た世界。

「primrose」の意味はサクラソウ。あまり目立つことはないがバランスの取れた曲。「そのツートンカラーの奥の方」ここの表現が好き。不安定な彼女を優しく受け入れてくれるような、そばにいて信じ続けて待つ続ける優しさを。歌詞が優しい。「virgin in clinic」聴いてほしい曲のひとつでMVとしても出してほしかった。穏やかにかき鳴らすギターの音が特徴的。抽象的な歌詞の世界観が断片的に想像ができて浮かぶ。海岸線という単語でイメージが広げる。3曲目は繊細な心情を歌った曲。ジャケットはとくにこの曲をイメージしているのかもしれない。作詞をしているのは男性だが女性の視点も考えられた構成、歌詞に寄り添うような優しい音が奏でられる。4曲目は乾いたドラムの音から始まる。mosaic、jesus、resetのような英単語が歌詞に使われており、曲を流したときに「夢の」と聞こえていたところは「You may know」だったりするのがおもしろい。甘いボーカルの伸びるよう歌う声が聴きどころ満載。歌詞はあまり考えずに感覚で聴きcamouflageの世界に浸る。「再生回数」はアルバムの中では力強さのある曲。「偶像無しでも崇拝してよ」「愛情無しでも抱いてくれるの?」「客観性に欠ける評価 興味はないから」歌詞全体に強めの感情が表現されている。「Roller coaster」夏の想起させる蝉の声が泣いているところから始まる。軽くゆったりと奏でるメロディが過ぎていく時間の感覚を表している様。遊園地での不完全な二人を描く。結末は分かっているのに時間がこのまま止まってしまえば、醒めない夢であればと切なく祈ってしまう。この曲は「Mirror」というアルバムにも再収録されているが、こちらは蝉の声が消え、アレンジにピアノが奏でられており冬のイメージが個人的には浮かぶ。

 

 

 

視聴ができないのが残念…

Poolside Hammock

プールサイドハンモック

 

数回、ライブハウスで演奏を聴いたことがある。現在は解散してボーカルの方は春の狼煙というバンドを組んで活動している。

この作品はちょっとした思い出がある。あるときライブハウスの物販で音源を購入し意気揚々と自宅でCDを取り込んだのだが、、、再生されない、、、! 

CDの裏面をよく見てみると特有の溝がなかった。音楽データが入っていない状態であったのである。というわけで、ホームページから事の内容をメールで送ったら新しくCDを送ってくれるとのことだった。そしてCDは届いたのだが、なんとお詫びとして2曲入り弾き語り音源も同封されていた。これは最高に嬉しかった。解散後に弾き語りのライブを聴きに行ったこともあるが、それはまた別の機会に。

 

 

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210502104823j:image

『湿爽』

~収録曲~

 「湿爽」「U&S」「リミット」

 

タイトルになっている「湿爽」は個人的に爽やかな涼しさを感じさせる。生活と木漏れ日のような、そんな雰囲気を感じる。柔らかく繊細に歌っており丁寧につくられている曲だなと感じる。最初の歌詞の一節からジャケットの写真のような雰囲気を感じるが、その後に「溢れ出す空の青が 思い出になり巡るよう 季節は永遠になる」と歌っており逆の自然のイメージが生まれる。また、湿爽は造語でこの単語をどう感じるかは聴き手次第。「U&S」はベースが全体的に目立つゆったりとした曲。この曲があることでバランスのとれたシングルになっている。いつか来たる最期の瞬間に寄り添ってくれる存在を、そんなシーンを切り取っているような。「リミット」は1曲目よりも力強く勢いがあり、盛り上がりそうな曲。とくにギターサウンドが耳に響かせてくる。ベースメインのフレーズもあり、一番聴かせどころがある曲かもしれない。最後は徐々にフェードアウトして終わっていく。くすぶっている日々に負けないような気持ちになる。

 

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210502104828j:image

『涼風CleanDrive』

 ~収録曲~

「涼風CleanDrive」「Sevevteen spiral days」

 

この音源を出して間もなく解散してしまったが、最後に演奏を箱で聴けたのがよかった。1曲目は歌詞だけ読むとbaseballbear感があり、夏の疾走感と少女が浮かぶ曲。キラキラした青春のようで曲も盛り上がりが続く。純粋でまっすぐな曲を聴いていると気持ちがあがってくる。果てしない「BREEZE PLEASE!!」が耳に残る。2曲目は今までの楽曲と違い少し攻めている。ギターロック感が強く、後半の叫ぶところや勢いよく歌いあげるところが珍しい。歌詞や曲の混沌とした疾走感が青春のキラキラしたものを感じさせるような。タイプは全く違うが1曲目と同じくらい好き。なんとなくだけど、この2曲は青春の対比を表しているようにも感じる。

 

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210502104834j:image

『reminiscence girl』

 

~収録曲~

「reminiscence girl」

 

無料配布音源の1曲入り。reminiscenceの意味は回想、追憶、思い出などがある。過去のことを回想するような内容は切なく書かれている。省かれている過程を想像しつつ、歌詞の場面が頭に浮かぶような歌詞。ギター、ベース、ドラムの派手ではない穏やかな音の演奏が心地よく、後半のコーラスと間奏がとても綺麗である。また、こういうジャケットの雰囲気は好き。

 

 

 

最後に「涼風CleanDrive」のMVを。

www.youtube.com

 

 

 

今度は弾き語りのことを書きたい。

muon

A(c)という石川県で活躍しているバンド。

 

エーカッコシーと読む。

 

ジャケットにある水玉模様が味を出している。これがあるとないとでは全然、印象が違うと思う。

 

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210502221554j:plain

『muon』

〜収録曲〜

「muon」「music」「光」

 

タイトルになっているだけの曲で歌も音もダンディーな雰囲気が漂う。冒頭のイントロ、そこから早口で淡々とで歌い上げ、鋭く柔らかいギターの音色が鳴り響く。渋いかっこよさがある。人それぞれにある、無音の意味を考えてしまう。

2曲目はビブラートがよく響き、こちらも歌い方がかっこいい。後半の方から少しテンポが上がり、力強く何度も流れる「奏で続けるよ 僕らの音楽を」のフレーズが最高。ギターの音色が寄り添うように奏で続けている。

「光」は最初の2曲とは雰囲気が異なり、音も歌詞もストレートでバラードのようである。前曲と同じように「忘れない その思いだけ」というフレーズが繰り返し流れ歌詞が印象に残る。

 

 

 

muonはMVになってもおかしくないレベルだけど、、、つくられないかな、、、文が短い汗

パノラマ

アーティスト名:rabbit youth riot

 

サイトは消えているが、現在も活動中

 

赤坂のライブハウスで「パノラマ」というCDと「TSUKIUSAGI」というPCから曲をダウンロードできるカードを購入した。アーティスト名がかっこいいなと感じた第一印象で、YouTubeで聴いて曲の雰囲気が好きになった。パノラマのジャケットはよく見ると小さい写真の集合体でアートチック。「TSUKIUSAGI」の方はまた今度、詳しく書いていきたい。

 

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210502143152p:plain

パノラマ

  

~収録曲~

「花を岸に投ぐ」「グッドモーニンググローリー」「star traveler」「×××」「パノラマ」

 

配信だと1050円くらい、CDだと2000円。それでもCDとして出してくれたのが嬉しいのです。全体的に穏やかなアルバムで突出した何かがあるわけではないが、音と歌に暖かさを感じる。穏やかな気候の日に部屋でずっと流してゆっくり過ごしたいような作品、個人的に。

 

「花を岸に投ぐ」MVになっている曲。楽曲テーマは勿忘草。花言葉は「私を忘れないで」らしく、YouTubeの概要欄に記載されている。この中では穏やかなバンドらしい曲。思いとは別に消えないまま残ってしまう匂い。歌詞の世界が想像しやすくていい。

「グッドモーニンググローリー」感覚で聴くような曲。明るさがあり前向きになれそうな。聴きながら読んでいる歌詞も力を抜いて味わえる。

「star traveler」少し曲が冒険感のある雰囲気。曲は3分ほどで終わり一番短く聴いていて気持ちの良い、緩いスピード感がある。亡くしたものに気づいて、求めて、存在しないかたちで残っているものに、向き合えるように。現実とリンクするような別世界風の歌詞。

「×××」この曲がアルバムの中ではとくに好み。全体的にゆったりとした単調でリズミカルな曲。詞の抱えている重さに反して、聴き心地のよい音楽。「どれだけ罪を数えたら これほどの罰を受けなくちゃいけないの~」からのフレーズが大好きです。

「パノラマ」アルバムのタイトルにもなっている曲。優しい演奏と穏やかに歌い上げる心地よさ。ありきたりで何気ない誰かの日常の感情を1つの曲としてつくっているような。最後の一文からまた最初に戻り同じことを考えていくのかな、と思ったり。

 

 

 

 「花を岸に投ぐ」

www.youtube.com

 

 

 

目立たないけど、ピアノの音とかも入ってたりしてるのがいい。

the Voyager

現在はthe Voyagerとしては活動していないが、ボーカルである新船将徳さんは音楽活動を続けている。2017/02/17、横浜F.A.Dでthe Voyagerのレコ発があり聴きにいってCDも購入した。5曲くらい披露してくれてそのうちリリースするのかなと思っていたけれど、このときにリリースした音源が最初で最後になってしまった。

 

ボーカルの方は、以前に書いた記事のレコ発路上ライブで一緒に出演していた方である。

rvyfcloi57gdjm1.hatenablog.jp

 

 

 

マケイヌ」the VoyagerのYouTube楽曲ページ|インディーズバンド音楽配信サイトEggs

『手を振る / マケイヌ』

 

2曲入りの音源。曲や歌詞の雰囲気はどちらかというと陰りがある。「手を振る」はアップテンポで純粋なバンドらしさを感じる曲だが歌詞は明るくはない。過去を思い返す寂しさや最後に少し前を向くような内容が心にくる。「ありがとうも さようならも 聞きたくなかった 言いたくなかった」このどうにもならない感情が、、「マケイヌ」の歌詞はなかなかに思い。音も明るい雰囲気ではなく内容は自己嫌悪、人生との葛藤のようなものを感じる。歌詞に書いているような感情は、他の誰かにもよく当てはまるようなものだと思う。それを直接に書いて曲にして表現していることが魅力である。最後は開き直りか覚悟を決めたのか、まっすぐに歌い続けることを歌っている。

 

 

 

 

 ↓↓マケイヌのMV↓↓

www.youtube.com

 

 

 

CDの盤面にお世話になったアーティストや会場が記載されているのがいいなと思う。

Applehead

現在も活動しているが、あまり更新はされていない。改名前はAcitaという名前でも活動していた。Acitaとして活動していたときも4枚ほどリリースしているので、いつかブログに書きたい。長野県にいたときに存在を知り、音源を手に入れて聴いていた。改名前と改名後でそこまで大きな変化はないが、音の幅は広がっているように感じる。

 

Appleheadとして出している2つの音源がある。

 

閃光花火

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210426013117j:image

〜収録曲〜

閃光花火」「Beautiful Loser」

 

CD限定音源。壮大感のある2曲が収録。MVにもなっている「閃光花火」は楽曲に使用されている鐘の音がいい味を出している。後半のコーラスもなかなかのもので、ラストスパートにかけて音が駆けていくような感覚もまたいい。まるで祝福を迎えているような雰囲気。カップリングは目立つことはないが、名曲が隠れていることも割とあったりする。「Beautiful Loser」がここまでのものとは思わなかった。希望や光が溢れそうな音に歌詞。合奏に使われてそうな太鼓の音や曲の半分くらいを占める美しいコーラスが、壮大な演奏感を出している。疾走感もあり聴いていて前向きな気持ちになれる曲。

どこもかしこも壮大で、歌詞も曲も背中を押してくれそうなシングル。この2曲でしばらくは聴けてしまうのだ。美しく描かれている田舎景色を駆けているイラストのジャケットが思わず手に取ってしまいそうである。

 

 

『やみにからす / Yours』

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210426013124j:image

〜収録曲〜

「やみにからす」「Yours」

 

配信限定音源。こちらは壮大感はなく、少しポップ感のある雰囲気。「やみにからす」はメロディがクセになる曲。口ずさみたくなるようリズムよく流れる歌と音、穏やかなテンポで静かに盛り上がりテンションが上がっていく。分からないから模索するような、誰もがどこかで抱えているようなもの、たぶんそんな内容。Appleheadの中ではとくに好きな曲。「Yours」は全体的にバランスがとれていて落ち着いているような曲。目立つ特徴があまりないことが特徴かも。ボーカルの甘い声に演奏がよくマッチしており、明るい雰囲気を出している。曲の雰囲気が少しliflameを思い出させる。ジャケットはカラフルな水玉模様のハートに紺色の背景が合わさっており、よりハートを強調しているのかもしれない。Yも隠れている。

 

 

 

また、YouTubeに「ラストランデヴー」という曲もあがっており、改名後の最初の音源である。

 

www.youtube.com

 

 

 

 

鐘の音色はいいよね。

I HEAR YOU (6曲目の選択、さがしもの or 歓びの歌)

HaKU

 

ユニバーサルJレーベル移籍第1弾となるミニアルバム『I HEAR YOU』。

 

このミニアルバムを購入するときに、ちょっとした悩みがあった。

 

『I HEAR YOU』は初回限定盤(6曲入り+DVD)と通常盤(5曲入り)の2種類を出しているが、厳密には3種類あった。当時、この『I HEAR YOU』はiTunes期間限定配信版でも購入することができた。そして、6曲目に収録される音源がCDと配信で異なるシステムになっていたのだ。CD版では6曲目に「歓びの歌」、配信版では6曲目に「さがしもの」という曲がそれぞれ収録されることになっていたのである。

(当時、この2曲はKKBOXというのに登録すると聴くことができたが、ダウンロードした曲はKKBOXのアプリ内でしか再生できないらしく諦めた)

当時、HaKUにはまっていて高校生だった私はかなり悩んだ。CD派の自分としてはCDを購入したかったが、iTunes期間限定版だとDVDは付かないがCDよりも半額以下で購入できたのだ。「さがしもの」と「歓びの歌」どちらにするのか、はたまた両方を購入するべきなのか、、、

 

 

 

 

 

、、、悩んだ末に初回限定盤のCDだけを購入した。やっぱり歌詞カードやCDで手にして直接聴きたかった。車内でCDを取り込んで流せることも強かった。しかし、後日知ったことなのだが、iTunes限定版に収録されている「さがしもの」は単曲でも配信販売されるらしく結果的にCDの方を購入して正解だったようだ。よかったよかった。 

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210426234750p:plain

初回限定盤

 

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210426234825p:plain

通常盤

前作に14曲入りのアルバムを出しているがこの作品はまた色が違っており、HaKUとして音の幅が広がったように感じる。特徴として一番変わったのは、ベースとコーラス担当の女性の方が歌として前に出てきたことだ。女性ボーカルとして起用することで今までのサウンドの雰囲気も変わっている。以前の音源と聴き比べるのも楽しい。

1曲目はYouTubeにも少しあがっているが、アルパカダンスとのMVとして異色を放っている。"kyula yula"という造語が歌に出てきたり、女性ボーカルにポップな曲風だったり、今までの曲とは違う新鮮さを当時は感じた。

「嘘つきハーモニー」はゴリゴリのベースサウンドから入っていく。こちらも女性ボーカルの曲。スピード感があり、1つ1つの音がはっきりしており細かいアレンジも聴いていて楽しい。

3曲目はグッドモーニングアメリカのギタリストとコラボした音源。ツインボーカルで歌っている。冒頭からギターのサウンドが光っており、メインで奏でいるところは必聴。こちらも挑戦的な演奏である。

Life is beautiful」はこのアルバムの中ではHaKUらしくて好き。疾走感のある曲だが言葉が響く、アレンジも歌詞のまっすぐな強さも個人的に刺さる。「迷ってるふりをして 頑張ってる演技して 何を残した 何が残った」ここを聴くたびに自分に対して感じるもやもやしたものは何も変わっていないままなのである。

5曲目は既曲であるdye it whiteのアレンジver.で、こちらも原曲とだいぶ異なる。これくらいしてくれると聴き比べが楽しい。テクノ感の強いアレンジの構成がサカナクションの雰囲気を少し思い出す。

6曲目はCD盤に収録されている「歓びの歌」。はじまりが神秘的な雰囲気があり、落ち着いているがサビのところが盛り上がる。生きることに対して背中を押してくれそうな歌詞。「さがしもの」は単曲で購入したので、別の機会に書くことにする。

 

 

~収録内容(初回限定CD盤)~

01.happiness~シアワセノオト~ 
02.嘘つきハーモニー
03.Romance in the summer feat.渡邊幸一(グッドモーニングアメリカ
04.Life is beautiful
05.dye it white(banvox remix)
06.歓びの歌(ボーナストラック)
<DVD:「2014.8.30 HaKU Reincarnation Lev.1~out break~at 渋谷Glad」>
01.dye it white
02.think about you
03.アステリズム 

 

 

 

 

↓↓↓↓インタビュー記事↓↓↓↓

skream.jp