線猫日記

音楽鑑賞と日常と感情

胎動する青

いつかの空蝉

ライブハウスで何度が聴きにいったことがあり、生演奏を聴いて彼らの音楽に惹かれた。現在はいくつか音源をリリースしており、いつか紹介したいものばかりである。間奏が魅力的で聴きどころだったりする。以下ホームページより一部抜粋「紅一点の4人組歌モノロックバンド。空蝉とは、“現世に生きている者”という意味があり、「いつかの空蝉」という名前には、過去と今を織り交ぜた型にはまらない新しい音楽を届けたいという思いが込められている。構成が変則的に動きながらも心地よく、ときより攻撃的に奏でる。人々に寄り添い共感を得る歌詞を力強くもどこか儚い歌声をもって人々に語り、問いかけ、愛を伝えていく。」

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210909134353j:image

『胎動する青』
〜収録曲〜
「デカルコマニー」「52Hz」「A」「17」

「デカルコマニー」転写、紙の間に絵具を挟み開いて模様を得る技法、といった意味がある。インパクトのあるサウンドから鳴らされるが、歌に入るとシューゲイザーにありそうな伸びと流れるような雰囲気がある。とくに終盤の迫力ある緩やかなサウンドが耳に残る。
「52Hz」詞を読むと過去を思い返す寂しい現実とその情景が浮かんできそうだが、鯨という単語に少し幻想感も感じる。まっすぐなバンドサウンドにのせて、サビの儚くも壮大に響かせる声に惹かれながら聴き溺れていく感覚。
「A」シンプルなフレーズを繰り返し、ダークな雰囲気を感じさせるメロディ。長く伸びのあるコーラスが印象的である。ギターの存在感もあれど、流れるような演奏と歌が落ち着かせる気分にさせるよう。
「17」17才の春。青春時代の心情をありのままに吐き出しているかっこよさを歌う。サビのまっすぐな旅人の表現として魅せ、後押ししてくれそうな力強さがある。間奏のそれぞれの奏でるメロディ変化が印象的でもある。

「52Hz」MV

www.youtube.com

↓音源の購入はこちら↓

www.itsukano-utsusemi.com

 

 

Lowland Hi Season

現在は解散済。

勢いのある音色を合わせた一瞬を奏でるような迫力がある。楽しくなるような華やかなメロディが最高に盛り上がる。歌唱力が高く、英語と日本語の入り混じった詞を絶妙に爽快に歌いあげている。知る限りだと3曲入りの音源を2枚リリースしているが、そのすべてMVになっているのがぶっ飛んでいる。どの曲をとってもコンセプトが変わらないようなポジティブになれそうな盛り上がりがあるのも珍しいかもしれない。以下indiesmusicから抜粋「独創性豊かな歌詞とメロディー、そしてエレクトーンを擁する事で生み出される煌びやかなバンドサウンドが評判を呼んでいる」

↓購入はこちら↓

www.indiesmusic.com

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210731124509j:image

『Ghost Of Flare』
〜収録曲〜
「Ghost Of Flare」序盤の近未来感のワクワクするような感覚から始まっていく。ピアノの旋律もサウンドの迫力も安定して聴ける構成。フレアゴーストに祈り、光が差し込むような希望を表現しているよう。
「38の嘘と真実」バンド要素が比較的強めのギターゴリゴリ感の強めの曲。勢いのあるサウンドで力強く前向きに心を動かしてくれそうな。
「アトリアム」清涼感のある入りから爽快さのあるメロディを奏でる。勢いが似ているところもあるが、それぞれ聴き比べたくなる構成の違いがある。フレーズの美しさをより感じてほしい。

「Ghost Of Flare」MVwww.youtube.com

「38の嘘と真実」MVwww.youtube.com

「アトリウム」MVwww.youtube.com

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210731124516j:image

『憂花』
〜収録曲〜
「閃光」リズミカルで美しく激しいサウンドが引き立つ。歌詞の洋楽らしさがより増したようにも感じる。とにかく盛り上がり高揚しそうなメロディ。
「晴天と霹靂」インディーズ感のある出だしの日本語詞の曲。サウンドの華やかさもそうだが、サビの「そこに差した太陽 そこに見えた残像~」が口ずさみたくなるくらいの印象を残す。
「憂花」ドラマの主題歌にあるような始まりからいつもの豪華なサウンドを鳴らす。6曲の中だと比較的穏やかさを感じるが、十分にノリのいい曲。自然のように移り変わる感情を歌うよう。

「閃光」MVwww.youtube.com

「晴天と霹靂」MVwww.youtube.com

「憂花」MVwww.youtube.com

 

 

beer trip

school food punishment

2012年に解散。アルバムに収録されないカップリング曲は目立たないことが多いが、名曲も隠れ潜んでいることもしばしば。この記事はschool food punishmentの「beer trip」という曲の紹介なのだが誰かがYouTubeにあげてくれており、なんと45万回再生されているのである。イラストの美しさもそうなのだが、それに合う楽曲としてもピッタリなのである。純粋に聴いてほしい気持ちがある。

www.youtube.com

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210919190202j:image

『butterfly swimmer』
〜収録曲〜
「butterfly swimmer」「beer trip」「futuristic imagination -AVALON Remix-」

今回はカップリング曲の「beer trip」の紹介を。個人的なイメージは夏と郷愁。最初から最後まで爽やかで懐かしい感情にさせるよう。変幻自在の女性ボーカルの声にメロディは緩やかに流れるようで、複雑さを感じさせず1つ1つの音色がはっきりとしている。歌詞だけ読むと終わった繋がりを振り払うように感情的な勢いを感じるが、それに合わさるメロディが秀逸なのである。それらが感じさせる湧き上がってくるような感情がもうこの上なく胸にこみ上げるのである。

 

illust 1

いつものインディーズ紹介が間に合わなかったので、最近更新したTwitterアイコンのイラストを載せる。背景は江の島付近のどこか、たぶん。

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210919234637p:plain

ニャンダーかめんを知ってる世代は20代中期以降になるか…今でも大好きで一時期は絵とか描いていたが最近にまた描きたくなってきた。

いつかSaint Elmo's bulletのようにダークな世界観で描けたらいいのだ。

 

こんなことしか書くことない、オワオワリ_(:3 」∠)_

nagaruru

Munō

『心象と風景と。』をリリースした後の配信音源。アルバムをリリースした後もこうやって作品を出してくれるのは待ってる人にとってはこの上なく嬉しいのである。

↓Munōの過去の記事もあるのでよければ↓

rvyfcloi57gdjm1.hatenablog.jp

rvyfcloi57gdjm1.hatenablog.jp

rvyfcloi57gdjm1.hatenablog.jp

rvyfcloi57gdjm1.hatenablog.jp

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210817143757j:image
『nagaruru』

ジャケットから伝わる流るる感じで『心象と風景と。』とは違う雰囲気がある。若森さんの音源の中では軽さのある曲で「日常」の雰囲気と近いところがあるかも。緩やかな音色に乗せて現実を憂いながらも受け入れているよう。聴いてるとメロディがあまり目立つことはなく、詞から伝えたい繊細さを感じる。『知らない事で不安になる』『気づかないフリをして』そんな言葉達が刺さるのである。アートワークと映像はPaNさんが担当。

「nagaruru」Lyric Video

www.youtube.com

 

行動力が1しかなくて今回は文章が短め(´Д` )

next forestone

 

 

 

夏に降る花、君の影

群青シンパシー

女性ボーカルの4人組バンドで現在は解散。ライブハウスに行ったことがなく通販で音源を購入し聴いた。知る限りでは4枚の音源を出しており、少しずつ紹介していければなと思う。 以下、HPより抜粋「物語のように紡がれる歌詞、空間を染め上げる旋律。描き出される共鳴ピアノロック。誰かの酸素になりますように。」視聴できたらよかったのだが、残念ながら見つからなかった。しかし、ホームページは残っていたのでよければ。

blue-sympathy.jimdofree.com

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210904085039j:image

『夏に降る花、君の影』
〜収録曲〜
「夏に降る花、君の影」日本らしさを感じる華やかな夏の曲、鮮やかな花火のジャケットからも情景が伝わるよう。切なげなピアノの音色が美しいが風情がある。音階、リズム的にも「和」を意識させ、歌詞に「祭囃子」「林檎飴」と描く背景に、一瞬で消える花火儚さを絶妙に表現している。
「五月雨ソリッド」軽快なピアノメロディメインのサウンド。生きていく前向きさや人生を美しい音色に乗せて爽やかに歌う。流れるように聴ける心地よさがある。
「トラック 00」記載されていないボーナストラック。1:20あたりから厳かなピアノが弾かれ、歌が始まる。その2つの音のみで構成される。

唯一残っているMVを。

www.youtube.com

 

 

 

leo la greet


leo la greet(レオ ラ グリート)

演奏を聴きたくて都内に来てくれたタイミングでライブハウスに行った。個性的なワードやフレーズが印象的で、聴き終わると記憶に残るアーティスト。普遍的なサウンドに淡泊みのある声で歌い表現する。アートワークや言葉の1つ1つが飾らないさりげなさに惹かれる。以下プロフィールから抜粋「日常の生と死を歌った痛烈な歌詞に、深みのある声を乗せた楽曲を詩う」

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210528134558j:image

『ランタンアイディー』
〜収録曲〜
イーゼルの景色」「多角的景色」「こやけ詩」「内部通報音楽隊」「アルヴとローヌ」「vita」

イーゼルの景色」イーゼルとは絵を描くときにカンバスを載せる台のこと。シンプルに爽快なバンドサウンドを鳴らす。ワードの羅列表現が特徴的で生きづらい世界を認識しながらも、心広がるような絵を描いて生きていく決意、強さを感じさせる。
「多角的景色」懐かしさを感じるような鋭いギターフレーズに、現実の強烈な愚痴のような詞が爽快に響く。現実とリンクする『彼奴』を消し去って『君』に救われてほしいと願ってしまう。
「こやけ詩」重々しく描くバラードチックな曲調。弱さの独白のようなありのままを書き残している。君のためなら君が自殺することも構わない、そう歌いながらも関わりたい救いたい気持ちも吐き出す。
「内部通報音楽隊」音楽隊の言葉にふさわしいリズミカルな出だしから始まる。全体的に壮大なドラムが目立つ。ノリのいいメロディだが、現実の生きづらさが伝わってくるような歌。音と詞が対象的で個人的によく聴いてしまう。
「アルヴとローヌ」スイスに存在する川の名前。誰にでも知られ、攻められることの起こる時代。その中で自分自身を失わずに笑っていられるようにと、ありのままを信じて生きていればいいのだ。この2つの川は色が違い合流地点で絵具が混ざるような自然風景を描くが、歌詞でも見事に世間と自身のソレを描いている。
「vita」命、人生、生活を意味する。程よいテンポの安らかなメロディに重なる甘く震えるボイスが印象的。なんとなく分かるような詞に、最後の『君が居るから』『あなたと出逢えたから』と暖かい最後。

「ランタンアイディー」トレーラー映像

www.youtube.com

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210528134605j:image

『リゲル』
〜収録曲〜
「リゲル」「夕の隨に」「馬鹿のひとつ」

「リゲル」オリオン座の右下に位置する星。リゲルというタイトルを意識して聴くとメロディの雰囲気が伝わる。2つあれば星にも輝きの差があって、どちらかが先になくなってしまうものでもある。その過程を全て正しいと受け入れる強さがある。
「夕の隨に」隨にはつき従う、供をするといった意味がある。独りの時のあらゆる感情を表現している。日々寂しさを繰り返しながらも、夢を待つ明日に期待して前向きに生きていくよう。独りの時も誰かといる時も大切で無駄なことはないのだ。
「馬鹿のひとつ」低めのコーラスの出てくる緩やかな構成の曲。馬鹿の一つ覚えのように、『馬鹿のひとつ』と何度も繰り返す歌詞に、君への想いをひたすらに表現しているよう。

「リゲル」トレーラー映像

www.youtube.com


余談だが、『seventeen years -Morioka Club Change selection 2020-』というコンピレーションアルバムに「青、煌々と」という曲を収録しており、後の音源に収録されるのを待つか今買うか悩みどころ。