線猫日記

音楽鑑賞と日常と感情

HARMONY?

RED BOOTS FACTORYというアーティストで現在は解散。

「脳内HACKER」というインパクトのある曲がMVとして出ているのでまずは聴いてほしい。当時、このMVをきっかけにAmazonから購入して聴いていた。ジャケットのセンスから惹かれる魅力がある。6曲入りの音源の『HARMONY?』というタイトルはバンドメンバー4人のサウンドのHARMONYが形を成して、次は皆とHARMONYしていく「4人+皆」。そんな意味を込めて最後に「?」を付けたらしい。ボーカルの爽やかな甘い声に、静と動がはっきり分かれているような幅広いサウンドを鳴らす。感情を揺らすような言葉のまっすくな響きが印象的。

 
「脳内HACKER」MV

www.youtube.com

f:id:rvyfcloi57gdjm1:20210508191005j:image

『HARMONY?』
〜収録曲〜
「HARMONY?」「七夕の夜に」「脳内 HACKER」「そのままで」「colors」「no title」

「HARMONY?」弾き語りのような曲。優しく奏で歌うように歌詞も「君がいるから歌を歌う」という華やかな明るさが舞うような表現。アコースティックのフレーズがまっすぐな懐かしさを感じさせる。
「七夕の夜に」はタイトルのように七夕をテーマに歌っている。1曲目に続くようにメロディが流れ、アップテンポな曲で若さを感じさせるキラキラ感がある。青春アニメのopに使われそうなイメージで、王道の爽やかな青春歌ものを聴かせる。雰囲気はBaseBallBearのソレを彷彿させる。
「脳内 HACKER」MVになるのも頷けるくらいのかっこいいを表現した音を奏でる。弾けるようなロックで表現し、ライブで確実に盛り上がるそうな曲。激しさを鳴らす演奏ながらも大胆で繊細な言葉で思いっきり表現している。
「そのままで」バラードのラブソング。「陽だまりの彼女」という小説に実体験を混ぜて制作した曲らしい。言葉から切なさや後悔、思い出が伝わり落ち着かない気持ちになるよう。穏やかで繊細なメロディが雰囲気によく合っている。
「colors」程よいテンポのバンドサウンド。1つ1つの音が聴きやすく表現しようとしている内容も伝わりやすい優しい曲。気持ちのよいシンプルな言葉と音が爽快に聴かせてくれる。誰しもに共感してもらえるような迷いや現実を描いているよう。
「no title」メーデーから始まるゆったりとした曲調に合わせて歌う。タイトルは聴いている人につけてもらうというコンセプトからついたタイトル。少し既視感のある王道感のあるバンドサウンドだが、卒業ソングのような歌で聴かせる迫力がある


↓『HARMONY?』の紹介ブログ↓

ameblo.jp


後にLondon♡Dolmanというバンドで活動しているが、そのアルバムもぜひ聴きたかった。